メガネ

使いすぎに注意しましょう

スマホは必要な道具になりました。電話だけではなく、LINEなどが使用できるスマホは手放すことができません。しかし、スマホ老眼のリスクがあります。そこで、スマホを注意して使うことでそのリスクを避けることができます。

詳しく見る

生活改善して目を健康に

男性

道具の使い方を見直そう

スマホ老眼とは、スマホやパソコンの普及に伴い発生しています。元来、老眼とは40代後半になると目のピント調節機能が衰えることで、近くを見ることが難しくなる現象をさしました。しかし、最近は20代や30代の若者たちが老眼の症状を訴え始めました。調べるとスマホの普及に伴い数が増加していきました。また、仕事でパソコンを長時間使い続ける時にも同様の症状を訴える人がいることが判明しました。原因は長時間スマホやパソコンのディスプレイを凝視することで、毛様体筋や虹彩筋の緊張が続き、目の前の文字にピントがあいにくくなります。結果、年代に関わらず老眼の症状を訴えるようになっていきました。スマホ老眼は目を休めることで改善することができますが、やはり予防することが一番重要なことになります。予防するには、スマホやパソコンの使い方を見直すことから始めます。まずは、目をスマホやパソコンから約40センチ以上離すようにします。近くで凝視するとピントを調節をする毛様体筋が緊張し、結果筋肉が硬くなり近くが見えにくくなる原因になります。その状態にならないようにするには、目とスマホやパソコンの間の距離を適正に保つ必要があります。次は、暗い場所でスマホやパソコンのディスプレイを凝視しないようにします。暗い場所でスマホやパソコンのディスプレイを凝視すると、目の中に入る光の量を調節する虹彩筋が収縮し緊張状態になります。結果、その緊張状態がとけなくなり、薄暗い場所で物が見えにくくなる状態になります。最後に、スマホやパソコンを使用した後は定期的に休憩時間をとってください。休憩時間で目を休めるようにします。よって、スマホ老眼を予防するには、スマホやパソコンの使い方を見直すことから始めるべきです。

PICK UP

メガネ

使いすぎに注意しましょう

スマホは必要な道具になりました。電話だけではなく、LINEなどが使用できるスマホは手放すことができません。しかし、スマホ老眼のリスクがあります。そこで、スマホを注意して使うことでそのリスクを避けることができます。

詳しく見る

眼鏡

自分でできるアイケア方法

老眼は目のピント調節をつかさどる筋肉が固まり、近くの物が見えなくなる現象になります。健康食品ルテインを摂取するだけでなく、自宅で目の筋肉をほぐすことで老眼を予防することができます。これらのアイケア方法は長く続けることで効果が上がります。

詳しく見る

婦人

ブルーライト対策を行う

加齢に伴う老眼の他に、スマホの画面を長時間に渡って日常的に見ることで視力が低下するスマホ老眼になる人が増えています。20代の方でもスマホ老眼になる可能性がありますが、スマホの文字の大きさを調整するなどの対処で防ぐことが出来ます。

詳しく見る

メガネ

使いすぎに注意しましょう

スマホは必要な道具になりました。電話だけではなく、LINEなどが使用できるスマホは手放すことができません。しかし、スマホ老眼のリスクがあります。そこで、スマホを注意して使うことでそのリスクを避けることができます。

詳しく見る

眼鏡

自分でできるアイケア方法

老眼は目のピント調節をつかさどる筋肉が固まり、近くの物が見えなくなる現象になります。健康食品ルテインを摂取するだけでなく、自宅で目の筋肉をほぐすことで老眼を予防することができます。これらのアイケア方法は長く続けることで効果が上がります。

詳しく見る

婦人

ブルーライト対策を行う

加齢に伴う老眼の他に、スマホの画面を長時間に渡って日常的に見ることで視力が低下するスマホ老眼になる人が増えています。20代の方でもスマホ老眼になる可能性がありますが、スマホの文字の大きさを調整するなどの対処で防ぐことが出来ます。

詳しく見る

眼鏡

スマホの使いすぎに注意

スマホ老眼はスマートフォンの使いすぎが原因で、ピント調節ができなくなり、近くの物が見えにくくなる現象です。20代の若い人にも起こる可能性があり、放置しておくと悪化したり、眼が早く衰えたりすることがあります。

詳しく見る

メガネ

安心してスマホを使う

スマホ老眼とは、スマホを使い続けることで、若い方でも生じる老眼です。その原因としては、目の周りの筋肉のバランスが崩れることが関係しています。また、スマホ老眼対策として、眼球エクササイズを行うことが重要になります。

詳しく見る