自分でできるアイケア方法

眼鏡

来る状態を予防する方法

老眼とは、目のピント調節をつかさどる筋肉が肩こりのように固まることが原因でおきます。これは年齢とともに大多数の方に訪れます。しかし、スマートフォンの普及に伴い、年齢に関わらず老眼の症状を訴える人も増えました。加齢で老眼になることに不安がある。または、スマートフォンを使いすぎると老眼になるのではと不安な時には、自宅でできるアイケア方法を実行すべきです。一つ目は目の働きを強くすることができる栄養素を食品として摂取する方法です。最近では、抗酸化作用を持ち、スマートフォンのブルーライトから目を守るとされるルテインがサプリメントとして人気になっています。二つ目はスマートフォンを長時間使いすぎない。パソコンを使う時にも定期的に休憩時間を取り、遠くの風景を見て目に負担をかけないようにすることです。三つ目は、目を意識してまばたきをすることで筋肉をこらないようにする方法です。両目を強くつぶり、ぱっと見開きます。これを繰り返し、目の筋肉をほぐしていきます。スマートフォンを使っている人が年齢を問わずに老眼の症状を訴えるのは、長時間スマートフォン上に出ている文字を凝視することでまばたきの回数が極端に減り、ピントを調節する筋肉が固まってしまうためにおこります。最後に、寝る前に蒸気アイマスクで目の血行を良くする方法になります。ピントを調節する筋肉が固まることで、血行が悪くなります。血行が悪くなればさらに筋肉が固まります。血行を良くすることで筋肉が固まらないようにすることができます。