ブルーライト対策を行う

婦人

スマホの機能を調節

一般的な老眼は加齢とともに視力が低下し、近距離のものが見えにくくなるなどの症状が起こりますが、スマホの普及により20代からでも老眼の症状が起こるスマホ老眼と呼ばれる症状になる方が増えています。手元の小さな文字が読みにくくなるなどの症状はスマホを日常的に使う事で起こりやすいものですが、スマホの機能を調整したり食生活に気をつける事で防ぐ事が可能です。スマホ老眼を防ぐためにすぐに行うことが出来る対処法として、スマホの文字の大きさを調整して読みやすいサイズの大きな文字に変更する方法があり、目が疲れにくくなります。また、スマホの明るさを調整して、眩しすぎない明るさに設定すると目の疲れを軽減することが出来ます。目に負担を与えやすいブルーライトをカットするシートをスマホの画面に貼って、目の健康を保つ方法も効果的です。ブルーライトをカットする機能が付いているパソコン用のメガネが販売しているので、スマホやパソコンのモニターを見る機会が多い方は使用すると目にかかる負担を減らすことが出来ます。スマホのブルーライトをカットすることが出来るアプリもあり、無料のものも多いので使いやすく便利です。目の健康を維持するための栄養を食事で日常的に取り入れる事も、スマホ老眼の対策として効果的です。ブロッコリーやほうれんそうに含まれているルテインや、レバーや納豆に含まれるビタミンB2などを摂取するように心がけると目が疲れにくくなりスマホ老眼を防ぎやすくなります。