使いすぎに注意しましょう

メガネ

休憩時間を設けて健康維持

スマホは手放すことができないインフラになりました。スマホ老眼と言うリスクがあるからと言って、ガラケーに戻ることは不可能です。スマホ老眼は、スマホの長時間使用することで目のピントを調節する毛様体筋が肩こりのように固まってしまうことが原因です。そこで、スマホを無防備に使わなければスマホ老眼のリスクを避けることができるのではないかと考えられます。スマホはどんな態勢でもネットに接続することができます。すると、寝る前に使用したり通勤時間の移動中に使ったりすることが可能です。そうなると、ついつい長い間スマホのディスプレイを凝視することになっていきます。結果、毛様体筋が凝り固まってしまいます。それを防ぐために、スマホを使わない時間を作る必要があります。スマホを使わないことで目を休め、毛様体筋が凝り固まることを防ぎます。次はスマホを暗い部屋では使わないようにします。なぜなら、暗い部屋でスマホを見ると、スマホは液晶自体が発光しているため、その光が目にダメージを与えることになります。結果、スマホ老眼の症状である夕方になると文字が見えにくくなる症状の原因になります。また、スマホのディスプレイから出ているブルーライトが目にダメージがあるとされているため、スマホにはそれをカットする機能が用意されています。必ず、その機能は有効にしてください。また、スマホにその機能が搭載されていない場合でもブルーライトがカットされるアプリがあるので、それを導入すれば目を守ることがで可能になります。端末の設定を目に優しい状態にして長時間使用を避ける、そして暗い部屋では使わないようにすればスマホ老眼の予防として有効です。