安心してスマホを使う

メガネ

何が関係しているのか

老眼の中でも、スマホを使い続けることで生じるものがスマホ老眼です。40代頃から生じる一般の老眼とは異なり、スマホをよく使う20代から30代の若い方がなっています。その際、一番多い症状としては、視界がぼんやりと見えたり、近くにある文字が見にくくなったりなど、老眼とほぼ変わらない症状がでます。では、スマホ老眼の原因には何があるかというと、目の周囲の筋肉がバランスを失うことが挙げられるでしょう。ちなみに、目の付近に関しては、6本の外眼筋という名の筋肉があります。この6本すべてのバランスが、何かの影響によりバランスが維持できなくなると、ものがダブって見えるなどの症状が起こりやすくなります。それから、普通の老眼と比較した場合、果たしてどのポイントが異なるのか、理解していない方もいるはずです。スマホ老眼というのは、筋肉が緊張したまま、ピントが合わせにくくなります。その一方、普通の老眼については、歳を重ねることで目の筋肉が衰えてしまい、近くにあるものにピントが合わせづらくなります。このスマホ老眼にならないために気をつけることですが、スマホ画面の明るさをコントロールするなど意識することで、目にかかる負荷はだいぶ変わってくるでしょう。また、スマホ老眼を防ぐ方法については、眼球を一周回すなど、気楽にできる眼球エクササイズを行うことが大切です。この眼球エクササイズを何度も行うことで、ピントをコントロールする力が元に戻りやすくなるでしょう。