スマホの使いすぎに注意

眼鏡

眼の酷使を避ける

近くの物が見えにくくなる老眼は、普通は40代ぐらいから徐々に進行していきます。しかし最近では、20代や30代の若い人にも同じような症状が増えており、その原因のひとつとしてスマートフォンの使いすぎが挙げられています。スマートフォンは仕事でもプライベートでも、現代人に欠かせないツールになりつつあり、それだけにスマホ老眼は深刻な問題と考えられています。スマホ老眼は長時間スマートフォンの画面を見続けることで、眼のピント調節機能が働かなくなり、遠くの物にも近くの物にも焦点が合いにくくなる現象です。老化は関係ないので、どんな年齢層の人にも起こる可能性があります。ほとんどの場合、しばらく時間がたてば回復しますが、繰り返すうちに症状が悪化することもあるので注意が必要です。またスマホ老眼にかかった人は、普通の老眼の進行も早くなると言われています。眼が酷使される結果、機能が早く衰えるためです。ほかにもスマートフォンの使いすぎによって、眼精疲労から頭痛や肩こりを起こしたり、強い光の刺激を受けて不眠症になったりする恐れが指摘されています。小さな画面で細かい文字や速い動きを追いかけていると、テレビやパソコン以上に大きな負担を眼にかけてしまいます。スマホ老眼を予防するには、ときどき視線を上げて遠くを見たり、眼球運動をしたりすることが大切です。また視力は定期的に検査し、度の合ったメガネやコンタクトを使用するよう心がけましょう。